アメリカ工場建設に特化している、アメリカゼネコン、エンジニアリング会社のGrayです。
米国産業施設の建設工事を得意としており、全米で製造工場、化学工場、食品工場、流通倉庫などの建設工事を行っています。アメリカ環境対策認証(LEED)建設工事の実績も豊富です。

アメリカ建設会社Gray

www.gray.com

アメリカゼネコン日本事務所連絡先042-799-5995

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 2016年
  4. トランプ新大統領政権に於ける米国の製造業

トランプ新大統領政権に於ける米国の製造業

2016/12/05

途中様々なドラマがありましたが、次期米国大統領には米国市民の支持を得たドナルドトランプ氏が当選しました。

現時点ではトランプ新政権が具体的にどのような方針を打ち出すのかは見えないところがありますが、NAFTAからの撤退若しくは条件見直し、それにTPPからの撤退については実行に移すことを明言しているので、日系企業にとっても待ったなしの状態になり、これまでの生産体制の見直しを迫られてくることになります。

ただ、これまでトランプ氏は過激な発言で注目を浴び、日本のメディアなども日本国や日本企業にとっての不安要素や懸念事項だけを取り上げてきましたが、この転換期をチャンスに生かせるプラス要素も十分にあります。

1.     人口の増加: 先進国の中でも伸び続ける人口
=> 安定した労働力の確保
=> 安定した賃金の推移
=> 更なる市場の拡大

2.     シェールガス復活の兆し: 規制緩和によるシェールガス増産
=> 安価なユーティリティーの確保
=> 安価な原料の確保

3.     広大な土地:
=> 安価な土地の購入 => 初期投資の軽減

4.     法人税の引き下げ: 法人税を35%から15%に引き下げ
=> 収益の拡大

5.     インフラ投資計画: 1兆ドル規模のインフラ投資計画
=> インフラ関連企業へのビジネス拡大チャンス
=> 安定したユーティリティーの確保

グレイ建設ではこれまでに数多くの日系企業用地選定を担当させて頂きましたが、何れのプロジェクトでも共通して言えるのは、地元コミュニティに進出企業が日系企業と分かると大手を広げて歓迎してくれることです。日系企業は従業員への手当が厚く、米国でも着実にビジネスを伸ばし、簡単には撤退しないことで知られています。

また、日本企業は単に現地で雇用を創出するだけでなく、文化面などでも積極的に交流する姿勢が非常に高い評価を得ています。米国製造工場を設立し、安定して操業を続けるためには地元コミュニティの協力は不可欠です。その意味では、日系企業は既に一般市民の信頼を得ており、誰が大統領になろうとも地元コミュニティーによるサポートが変わることはないと確信しています。

グレイ建設米国の企業であることから全米にネットワークを構築しており、また年間1,000億円以上の工場建設工事を手掛けていることから様々な情報を持っております。現地情報について調査されている場合はいつでもご相談ください。

トランプ 米国 製造業.jpg

一覧に戻る